070-3513-0001
住 所千葉県千葉市中央区春日1丁目15-9 春日ファースト103
受付時間AM:9:00 ~ 12:00  PM:13:00 ~ 20:00
休業日AM:日曜日
(土曜日不定休)
  PM:日曜日
(土曜日不定休)

院長ブログ

セラピスト向け記事

なぜ足からの操法が大切なのか?

更新日:2017/08/21

こんにちは!

本日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。

さて、本日は足(下肢)の操法についてお話しをしていきます。

操体法の基本は足のからというお話しはブログでも、操体法の書籍にも書いてあります。

そして、よく動画でも下肢の操法で様々な症状で変化を出しています。

なぜ足なのか?

それは、人間が2足歩行だからです。

身体を支える土台となっていて、その土台が狂ってしまうと、全体のバランスが崩れていきます。

なので、足から順に操法を行うことが多いです。

まず視診して、足の指やつま先の向き、膝の向きや股関節の向きを見てから、動診をします。

足に左右差がある場合、痛み、違和感、左右差などの出る箇所から操法を行うと改善することがあります。

そして、足の指の圧痛(アドバンスのテクニック)ですが、これは非常に変化の出やすいです。

これは、私の考えですが、

視診をした時に足の指が曲がっている方が多いです。

これは、身体の使い方もあると思いますが、

靴が合っていないことで曲がっている方がいます。

靴の踵部分がすり減っている。
長年履いて、靴が外側に流れて変形している。
サイズが合っていない。
紐靴を緩くしている。
ヒール
革靴

これらで、足趾が曲がってしまう方も多いです。

また、歩くときはほとんどが、コンクリート、アスファルトの上を歩きますが、踵部分のクッション性が少ない靴で踵から崩れてしまっていることもあります。

ですので、足趾からの圧痛が非常に効果が高いように感じます。

「どこに歪みがあるか」

それは1人1人違います。

そこを探していけば症状は変化していきます。

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

千葉 整体院の星 星祐也

 

HPトップ
初めての方へ お客様の声 料金を見る アクセス お問い合わせ
院内の様子 個人情報の取り扱いについて ご予約キャンセル・変更 ごあいさつ
プロフィール
施術方針 よくいただくご質問

受付時間AM:9:00 ~ 12:00 PM:13:00 ~ 20:00
休業日AM:日曜日
(土曜日不定休)
 PM:日曜日
(土曜日不定休)
070-3513-0001
top
アクセス(クリックすると拡大します)

Copyright © 千葉の整体で医師が推奨する千葉市整体院の星 ALL Rights Reserved.