070-3513-0001
住 所千葉県千葉市中央区春日1丁目15-9 春日ファースト103
受付時間AM:9:00 ~ 12:00  PM:13:00 ~ 20:00
休業日AM:日曜日
(土曜日不定休)
  PM:日曜日
(土曜日不定休)

院長ブログ

セラピスト向け記事

施術効果について

更新日:2016/10/27

本日も読んでいただき、ありがとうございます。

今日は操体でなかなか結果が出ない方へ、結果がキマりやすくなるポイントをお伝えしていきます。

操体法をやるなかで、色々な環境に結果が左右されてしまうことがあります。

その中でのポイントを1つ、

それは、セラピスト側の心です。

テクニックを学んで、翌日の臨床で実際に使ってみると、面白いくらいに結果がでます。

記憶も新しいですし、テクニックを学んだという満足感もあり、自信があります。

実はこの満足感や自信が結果を出してくれています。

しかし、時間が経ち、同じテクニックをやっているつもりでも結果が思うように出ない時がきます。

人間は忘れる生き物です。

24時間、48時間経つと半分以上忘れます。

そして、自信も無くなってきます。

「こうだったかな?」
「いや、こっちだったかな?」

などと考えながら行い、声のかけ方も変わり、患者さまを触る手も変わってきます。

そして、その自信が無くなったときに結果が思うようにでなくなっているように感じます。

また、自分が疲れていたりイライラしていたり他のことを考えていたりするとその悪い感覚が患者様の身体を硬くします。

これが「同調」というものです。

そして、その悪い情報が手から患者さんに伝わってしまい、結果が出にくくなってしまうことがあります。

操体法を学んだとき、講師の方は皆、自信があるように見えませんでしたか?

大勢の前でもあんなに結果を出せているのはその自信があるからでもあります。

そして、テクニックを行なったあとに必ず

「よし、オッケー」

「これで決まってます」

など言ってませんでしたか?

この声かけするだけでかなり結果がでるようになります。

自信なさそうに
「これでどうですか~」や
「変わってますか~」
では患者様も変化がわからなくなってしまいます。

これでもう変わっているということをハッキリと認識させてあげています。

なのでテクニックの形だけを行うのではなく、セラピスト側の心も重要だということです。そうすることで結果が出やすくなります。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

星祐也

 

HPトップ
初めての方へ お客様の声 料金を見る アクセス お問い合わせ
院内の様子 個人情報の取り扱いについて ご予約キャンセル・変更 ごあいさつ
プロフィール
施術方針 よくいただくご質問

受付時間AM:9:00 ~ 12:00 PM:13:00 ~ 20:00
休業日AM:日曜日
(土曜日不定休)
 PM:日曜日
(土曜日不定休)
070-3513-0001
top
アクセス(クリックすると拡大します)

Copyright © 千葉の整体で医師が推奨する千葉市整体院の星 ALL Rights Reserved.